カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS

フロンの見える化

毎日暑いですね!

挨拶の言葉はみんなこれだけ!

39度になるところもあるなんて信じられないですよね。

よく聞く話では インドでは人が座っていた所のほうが涼しい。

体温のほうが低いからでしょうか?

 この異常な暑さと地球温暖化が直結するとは言えませんが、

オゾン層の破壊だけでなく、地球温暖化に影響するというわれるのが、フロンガス。

今使われている新冷媒といわれるガスはオゾン層への影響は少ないのですが、温暖化には旧冷媒よりも大きく影響するガス。

CO2(二酸化炭素)を1として出された係数が

GWP地球温暖化係数。

ちなみに家庭用エアコンや最近の店舗用に使われているのが

R410Aというガス。このガスのGWPは2090.

これが1kg大気に放出すると・・・・CO2が2トン排出されたことになるそうです。

実はルームクーラーなどは1kg弱の封入量なので、

あんな小さなエアコンでもガス漏れすると約2トンのCO2を出したことになる。

杉の木1本が1年間で14kgのCO2を吸収するらしいので

これを吸収するには約143本で1年間かかると考えられえるそうだ。

そういう意味で、工事屋も修理屋もそして、持ち主の方がにも

目に見えないフロンガスがどれくらい封入されていて、しかも

それをCO2に置き換えたらどのくらい?という表示をしようというのが 「フロンの見える化」

各エアコン等器機にシールを貼って、意識をもってもらおう!

という活動です。

詳しくは経済産業庁やフロン回収推進産業協議会(INFREP)のHPをみてください。

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

ページトップへ